早朝せっかくグルメの甘味噌の味の感想は?甘味噌にあうグルメも! | Spoon of Sugar~ひとさじの知恵~

早朝せっかくグルメの甘味噌の味の感想は?甘味噌にあうグルメも!

「バナナマンのせっかくグルメ」スピンオフ企画、「せっかく甘味噌グルメ」が11月28日(日)放送されました!

設楽さんが「甘味噌好きなんだよね」と発したことでできた企画のようで、私も名古屋にゆかりがあり、気になる内容でしたので、さっそくまとめてたくさんの人に味噌の魅力をお伝えしたいと思います!

紹介されたお店と味噌はこちらです。

愛媛県:井伊商店「麦みそ」

京都府:片山商店「ガチみそ白」

愛知県:佐藤醸造「天然醸造無添加豆みそ」

各味噌どれもお取り寄せ可能ということなので、それぞれどんなお味噌なのかご紹介します。

愛媛県宇和島市の井伊商店さんの「麦みそ」

井伊商店さんの「麦みそ」は麦と塩のみで作られています。

砂糖を使っていないのに甘く、フルーツ的な甘みも感じられるそうです。

麦の香りが特徴で、やさしい甘さと麦本来のうまみを存分に味わえる味噌です!

バナナマンのお二人とに「本当に体験してほしい味噌」と絶賛されていました!

こちらの味噌に合う甘味噌グルメは、「味噌田楽」です。

味噌を少し伸ばすために、みりんと砂糖を少し加えて鍋で煮たものを田楽に惜しげもなくかけて食べます。

食べる手が止まらないくらいおいしく、懐かしい感じもする味噌田楽に仕上がるそう!

出店があったら即完売!するのではないかと思うくらいおいしいとバナナマンのお二人ともうなっていましたよ!

京都府亀岡市の片山商店さんの「ガチみそ白」

こちらは、米麹をたっぷり使った米の甘みが強い白味噌で甘味がすごく濃厚な甘味噌になっています。

甘味噌好きの設楽さんも一口食べた瞬間、「甘!え?この時点でめちゃくちゃうまい」と絶賛。

その秘訣は、通常の味噌と比べ米麹を2倍使うから

このままお餅につけても美味しそう!上品で洗練されたうまさ。

紹介されたせっかく甘味噌グルメは、「ふろふき大根」。

白味噌にみりん、酒を少し加えて伸ばした味噌ダレにしてふろふき大根にたっぷりとかけます。

こちらも設楽さんが食べた瞬間「参りました」となってしまうほど絶品のようです!

大根から染み出るウマ汁と味噌とのコラボが最高!

愛知県あま市の佐藤醸造さんの「天然醸造無添加豆みそ」

佐藤醸造さんは創業147年の老舗で、大豆と塩のみを使用し、1年半じっくり熟成させた味噌でコク深い味噌になっています。

香りも強く、前に紹介した味噌に比べ塩味が強い赤みそです。

設楽さんいわく「ズバッと強烈なうまみが突き抜ける感覚が来る」味噌のようです!

こちらに合わせるの甘味噌グルメは、「五平餅」。

豆味噌に砂糖、みりん、くるみ(砕いて)を加えてお鍋で焦げないように温めながら混ぜ合わせます。

できた味噌ダレをお餅に塗って、トースターで焼きます!

こちらの味噌は、名古屋人としてはぜひ、おでんにかけて食べたいですね♪

お取り寄せについて

各お店のお味噌はそれぞれホームページから購入可能ですよ~!

愛媛県:井伊商店「麦みそ」HP
楽天市場で購入はこちら

京都府:片山商店「ガチみそ白」HP

愛知県:佐藤醸造「天然醸造無添加豆みそ」HP

甘味噌グルメのまとめ

どの味噌も味噌の概念が変わるくらい衝撃的な味わいのようですよ!

私もおでんには甘めの味噌をかけて食べるのですが、普段は赤味噌を使っています。
今回紹介された、白味噌も田楽やふろふき大根に合うということですので、おでんにもかけて試してみたいです♪

寒い時期になると熱燗などにあわせて、酒のつまみにもぴったり!

ぜひそれぞれ試してみたくなる味噌です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です